メールアドレス変更のお知らせ

お客様 各位

メールアドレス変更のご案内

平素より、格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

さて、誠に急ではございますがセキュリティの問題が確認されたため、以下の通りメールアドレス
が変更となりました。緊急の変更のため変更後のご連絡になり大変申し訳ございません。

誠に恐縮ではありますが、今後御用の際は以下のアドレスへ
送信いただくとともにアドレス帳のご変更をお願いたします。

取り急ぎメールアドレス変更のご案内とお願いを申し上げます 。

敬具


変更内容:
変更前メールアドレス irodorieye@yahoo.co.jp
変更後メールアドレス 
こちらよりメール


以上

地域ブランド産品の開発

新潟県新発田市加治川商工会さんからの依頼で地域産品の開発をコンサルティングしております。



新潟県の下越地区北部に位置する加治川地区は毎年4月上旬から中旬に、川沿いに2000本の桜が咲き誇り、壮大な桜並木を観る事ができる桜の名所。加治川沿いにはかつて6000本の桜並木があり「長堤十里、日本一」とうたわれるたほどでした。昭和41年、42年の大きな水害で河川改修の為に、桜並木は失われましたが現在では復元されつつあります。




画像4261

様々な団体、地域で地域ブランドの開発が行われておりますが、よくあるよくない事例の一つが地域にある素材の寄せ集めで、全体ブランドとしての統一感がないのが多く見受けられます。統一感がないブランドは伝わらない。地域ブランド開発のプレイヤーには個々の商品を横断的に見る人材が必要であると思う。
地域ブランドは地域の魅力を商品をキッカケとして知っていただくものであり、顧客がどの商品をとっても地域の魅力とその世界観が伝わるように商品全体のコンセプトを常に見届けておく必要がある。

JA川崎さんで農産物直売所の講演をしてきました。

JAセレサ川崎さんからの依頼で農産物直売所の講演をしてきました。

24BD260D-ACB3-49D8-A345-BF44BE92A13E.jpeg

JA川崎は40代~60代が中心で、共販などはなくJA等の共同直売所や個人直売、スーパー等への個人卸などが中心となっており、生産作物も少量多品目。
個人直売所が多くあり、講演を通じて直売所の魅力を高め、市民にPRできる直売所作りのためのヒントを持って帰っていただきたいとの依頼でした。


ここ数年の農産物直売所における商品販売価格の下落は著しく、その原因の一つに地域の顧客を育てられなかったことがあると思う。
今回の講演では農家の持ってる価値感と消費者の持ってる価値感のズレを認識して頂き、お客様にその価値感をしっかりと伝える仕組みが必要だと伝えました。


画像426



今や農産物直売所は「少々高いけど、安心安全、新鮮」というイメージから「安くて、多い、新鮮」というイメージになってきている。このままでは一層農産物直売所の価格の下落は続く。それを打破しなければ農産物直売所は生き残れない。そのための仕組みと、ルールづくり、戦略が急務だと思う。




おはぎの開発

ここ数ヶ月お手伝いしてきました新潟県三条市下田地区で笹団子づくりに励む「ふーど工房ゆうこ」さんの新商品が発売となりました。

おはぎイメージ_077のコピー

おはぎパック_069


糖度50度とあんことしては低い甘さを逆にウリにした、こしあんのおはぎです。
男性の方や甘いものが苦手な方へのお茶請けにぜひ。

ふーど工房ゆうこ
電話 0256-46-0358 s-fu-do8koubou7@bd.wakwak.com
https://www.facebook.com/yuko.sasadanngo/