新大付属長岡中学校にて授業

野菜ソムリエの山岸です。
先日、新大付属長岡中で『長岡野菜の今後について』授業をしてきました。





授業は『社会創造科』の公開授業で、長岡野菜をテーマに小学5年生から中学1年生までが合同で取り組んでおられます。







今日はグループ授業

⑴長岡野菜は生産・消費の拡大を大切にしていくべきだ。
⑵長岡野菜を食文化として大切に保存していく必要がある。

⑴と⑵に生徒達は分かれ討論していきます。





⑴に賛成のみんなはどうして生産・消費の拡大が大切だと思うのかな?


スーパーでお客さんに聞いたら長岡野菜に対する認知度は低かった。
長岡野菜のことをみんなに知ってもらって、全国の人にもつかってもらいたい。
そうすれば生産量が増えるし長岡が有名になるとおもう。


なるほど。じゃあ、生産量が増えるとどんないいことがあって、どんな問題がでてくるかな?


そう。実はね、生産量が増えれば価格が安くなるんだ。そうすれば、もっともっと、みんなのお母さん
達も家でたくさん長岡野菜を調理できるようになるね。


けどね、問題もでてくるんだ。



実はかぐら南蛮は昔は山古志の人しかほとんど知らない野菜で、だいだい
自家採種されつづけていたんだ。ところが、たくさんの人に触れられるようになり、少しずつ違うかぐら南蛮
が現れて、今では厳密には7種類位あるんだよ。それをみんなの先輩の新潟大学の農学部が『かぐら南蛮研究会』
をつくり、研究している。もっともっと長岡野菜が広まれば、そのうちたくさんのニセモノ長岡野菜が出回り、
なにが本当の長岡野菜がわからなくなり、本当の長岡野菜はなくなっちゃうかもしれないね。





⑵に賛成のみんなはどうして食文化を維持していことが大切だと思うのかな?


長岡野菜は他の地域にない美味しさがあって、それを大切に守り育ててきた人々の思いがある。
だから長岡野菜を大切にして守っていきたい。


けど、守っていくにはどんなことが大切かな?




実はね、おとなりの山形県にも長岡野菜と同じように伝統野菜がたくさんあるの。
その中のひとつ、『藤沢カブ』というのがあって、絶滅直前までいったの。
とっても手間がかかる。だから値段が高くなる。
けど、その苦労が伝わらず置いてある高い野菜。これって売れるかな?
手間がかかり売れない野菜って、生産者の方々も作るの止めちゃうんじゃないかな?


長岡野菜も同じ伝統野菜。スーパーで売っている野菜よりちょっぴり高め。
長岡野菜もなくなっちゃう可能性があるんだよ。
みんな、長岡野菜がなくなっちゃってもいい?



じゃあ、なくならないためにはどんなことが必要かな?

そう。たくさんの人に長岡野菜の魅力を知ってもらって、生産量をふやして、たくさん農家の人たちにも
つくってもらうのが一番だね。

あれ?ちょっとまって。⑵に賛成のみんなは生産の拡大には反対じゃなかったっけ?







じゃあ、みんな、とりあえずは生産を拡大していくのに賛成ってことだね。
では、話をもどして、生産を拡大しつつ、長岡野菜を守っていくためにはどんなことが大事かな?




そう。まずは、長岡野菜はこうだ!っていう基準をしっかり作り、それを審査、維持することが大事。
もうひとつは、誰がつくって、誰が運んで、売り場に並ぶのか。生産者の顔がわかる仕組みをしっかり
つくることが大事だね。
そうすれば、ニセモノ長岡野菜をつくった人がいたらすぐにわかるんじゃないかな。
この仕組みがしっかり維持できればニュースででてたような食品偽装の問題も防げそうだね。







では、長岡野菜が広まったら、誰が得をするのかな…?



生産者、消費者が得をする。


得をするのはどこに住んでいる人かな…?


長岡に住んでる人。


そう。長岡の人が得をするね。
長岡の人が得をしたら、長岡はもっと発展するんじゃないかな…?
みんな、長岡が発展して全国から沢山の人に来てもらいたい…?

来てもらいたい。


じゃあ。今できることをは何かな?


今年、みんなで長岡野菜を育てたんだけど、とても大変だった。けれども凄くおいしかった!
お母さん達にも、その大変さ、美味しさを伝えれば少し高くても買ってもらえるんじゃないかな?




そう。まずは、お母さんにスーパーで長岡野菜、地元の野菜を買うのをおねだりしような!
それこそ、勝手にカゴに入れるくらいの気合いで!



もう一つできること。それは、たくさん勉強すること。
たくさん勉強して、大学いって、社会にでて。



そんな時、ちょっとだけ、この長岡野菜のこと、長岡のことを思い出して欲しい。
そして、いつか、長岡の発展ためにできることをしような!    

                
野菜ソムリエ やまぎし

小学校食育授業

長岡市下川西小学校の先生より、長岡野菜、地元素材を食べる大切さについての授業の依頼を受け、
行ってきました。




依頼された下川西小学校は一学年14名。1クラスの小規模な小学校。
生徒の半数以上が農家の親という、農業地帯の小学校。

恐れ多くも、あの長岡中央青果の鈴木会長の後に、長岡野菜の授業ということもあり、
かなりのプレッシャー。


<以下授業内容>


野菜ソムリエってなに…?

野菜ソムリエは『生産者と消費者の間で消費者に野菜の魅力を伝える人』
生産者と消費者の距離を縮める、繋ぐ。

野菜の魅力を伝えるプロであって、野菜の知識は農家の人や鈴木会長の足元にも及びません。
では、どうして野菜ソムリエが必要になってきたのかな?


スーパーに売られている野菜。1個300円のカボチャと1個150円のカボチャ。
みんなどっち買うかな?

そだよね。150円のカボチャだよね。お母さんたちもきっとそうする。
じゃあ、300円のカボチャがみんなのおじいちゃんが育てたとっても美味しい野菜で、150円のかぼちゃが
外国のだれが作ったのかもわからないカボチャだったら、みんなどっち買うかな?


そだね。
と。いうように、一個一個の売られている野菜の説明が少なすぎるんだよね。
もしかしたら、外国の誰だか知らない人がつくった野菜には大量の農薬が使われているかもしれない。
けど、みんなのおじいちゃんが作ったものなら安心だね。


もう一つは栄養価。ずーっと遠くの外国で作られた野菜。外国から日本に運ばれて、店頭に並んで、みんなのおうちの冷蔵庫の中に入って、そして食べるまでに何日もかかっちゃってる。
栄養価ってのは時間とともに失われていっちゃうものなんだ。
そしたら、みんなが食べる時にはもう栄養が全然ない野菜になってるよね。


野菜の魅力。作り手の思い。生産地の素晴らしさ。
野菜ソムリエの役割は、これを伝えて、価格以外の野菜の価値を膨らますことなんだ。

もう一つ大事なことが、地元の野菜を食べることによって長岡の人がお金持ちになるんだ。


長岡の野菜を買うと、そのお金はつくった長岡の農家方のものになるよね?
そしたら、そのお金で農家の方は今度は、どこかご飯を食べにいくかもしれない。
そしたら、今度はレストランの人がもうかって、休みの日にスキーにいくかもしれない。
そしたら、今度はスキー場の人たちがもうかって、もっと、もっと大きなレジャーランドをつくるかもしれない。
そしたら、今度はその大きなレジャーランドに日本中から観光客がきて、お土産に長岡野菜を買うかもしれない。
そしたら、もっともっと長岡野菜が売れて、農家の人がもうかって、長岡が活性化するのは間違いないね!


けど、外国の野菜を買ったら、そのお金は外国のためにつかわれちゃうよね。
長岡のためにつかわれることは少ないんじゃないかな?






というわけで、地元の野菜を食べるとどんないいことがあるか?

①安心、安全。
②栄養価が高く、新鮮。
③地元が発展する。
こんないいことだらけなんだよ。

この地元の素材を地元の人が食べたり、使ったりすることを、ちょっと難しいけど
『地消地産』
ていうんだよ。長岡には宝物『長岡野菜』があるよね。
この長岡野菜を積極的に食べれば、長岡を発展することができるんじゃないかな?

けれども、ただ単に長岡野菜を広めればいいって訳じゃなんだ。
たしかに、長岡野菜がたくさん食べられるようになって、TVにもいっぱい紹介されて、
沢山の人が長岡野菜をつくり始めたとする。そしたら、ニセモノの長岡野菜や、
簡単に大量に作れる長岡野菜の種が発売されたりして、
ちょっと味の違う長岡野菜が登場してきたりするんじゃないかな?

そんな長岡野菜を食べたりしたら、がっかりされて、長岡野菜が売れなくなっちゃうんじゃないかな?


そだね。だから、長岡野菜を広めることも大事だけど、きちんとした長岡野菜の決まりをつくって、
長岡野菜の素晴らしい味を守り、伝え続けることも大事なんだ。






長岡の足元にある『宝物』長岡野菜をしっかり理解し、守り、広める。


今、みんなができることはお母さんに買い物についていって、スーパーで長岡野菜をおねだりすること。
お母さんに長岡野菜の料理をつくってもらって美味しさを理解する。
そして、たくさん勉強をすること。

みんな長岡好き?

そしたら、たくさん勉強して、社会にでて、
大人になったら、長岡がもっともっと発展して、長岡の人みんなが、幸せになれるように
長岡のためにできることをしような!

野菜ソムリエやまぎし

セロリアック

こまむらさんの畑で春より、ひっそりと成長を続ける野菜

『セロリアック』

CIMG0033.jpg



肥大化した根を食べるセロリーで、普通のセロリーよりも香りが繊細。
サラダやスープ、煮込み料理にもつかわれる 。
輸入物が殆どで、国産のものはなかなか入手困難。


CIMG0035.jpg



春にこまむらさんにお願いし、種を渡した野菜で、もうすぐ収穫を迎えそうで楽しみです。

越後きのこ屋~十日町~

今日は十日町へ。
雲がとっても近い。

201009301629419eb.jpg


以前から大変お世話になっております。『越後きのこ屋』へ見学に。


20100930162941b5a.jpg



越後きのこ屋さんは『茶樹茸』と『越後おうぎ茸』の2枚看板を生産されております。
中でも茶樹茸は中国が原産のキノコ。お茶の木のそばに生えることから呼ばれており、シャキシャキとした食感と
高い栄養価が特徴。



こちらが『茶樹茸』

201009301629417cc.jpg


真っ直ぐ伸びるように、このように紙でかぶされて生産されております。


20100930162940621.jpg



茶樹茸はしっかりとした食感が生きるよう、湿気を少なめにし、コントロールされながら生産されております。

20100930162940aca.jpg



全国的にも栽培されてる企業は少なく、新潟県内では越後きのこ屋さんのみ。
今年に入って、全国から注文が殺到。現在は供給がおいつかないそうです。

2010093016404962d.jpg


生産者の瀬戸さんと。
もともと、直接、瀬戸さんがアーアッラゼータに飛び込みで営業にこられたのが始まり。
自分のお気に入りのレストランにしか卸さないそうです。




川上農園越後姫の定植

越後姫 定植ちゅう
春、お世話になった川上農園にちょっとお邪魔してきました。
川上農園さんは長岡を代表する『越後姫』の生産者

20100204194854f28.jpg



越後姫は新潟の気候にあわせて、園芸研究センターが開発したものですが、イチゴが熟すのには一定温度以上の期間が650時間でイチゴが完成するそうです。

イチゴというと、栃木県のとちおとめが有名ですが、栃木の気候だと、平均気温が高いので、650時間に達するまでの時間が短いために、色は真っ赤ですが、食感が硬くなりやすいそうです。

越後姫は新潟の冬場の少ない照度、平均気温を利用し、ゆっくりと完熟に向かうために、大粒で柔らかく、平均糖度が13度の甘さをもったイチゴが生み出される。


CIMG0030.jpg




こちらは12月出荷、クリスマス用の越後姫。8月の後半に定植され順調そうです。





こちらは来年の1月出荷予定の越後姫を定植中
CIMG0031.jpg


川上農園さんは約8000株もの越後姫を今年は定植。
これから日長や、温度を調節しながら出荷予定に向け大切に育てられます。



今から1月の越後姫の一番果が楽しみです。

そのころには長岡は雪に覆われているのかな…?              野菜ソムリエ やまぎし

該当の記事は見つかりませんでした。