新潟と長野のハーモニー

津南の奥、長野県との県境、津南、秋山郷へハチミツを求めて



やはり予想はしていましたが、雪が軽く積もってました




秋山郷は津南町の奥、中津川中流に点在する集落群で、平家の落人の里として言い伝えられてきた地。日本最大の河岸段丘でが広がり、野菜、米はもちろん、豚肉、山菜、牛乳、酒、キノコなど、食材の宝庫である。津南町にある、全国名水100選に選ばれた『竜ヶ窪』では1日に湧く4万3千トンの水が1日で全部入れ替わる。素晴らしい素材が生まれるわけです。

この秋山郷の中腹、前倉に生蜂園という蜂蜜生産直売店があります。



生蜂園のお母さん、阿部幸子さん



秋山郷の習俗や食生活を歳時記風にまとめたルポ「秋山郷・津南発、ふるさと記行」信越文彩舎を出版している。

秋山郷の山の木から採ったトチノキの蜂蜜がおすすめと聞き、

さっそく一つ買いまして、試食

甘いのはもちろん、その後に広がる濃厚な風味



ここが蜂の小屋

あまりの美味しさに熊が山からおりてくることもあるらしい

製法は、添加物などをいっさい使っておらず、遠心分離機をかける、昔ながらの製法。
ここの蜂蜜を味わうと、市販で流通している蜂蜜がニセモノに感じてしまう

どこにも流通しておらず、ここ秋山郷を訪れた人だけが味わうことができる蜂蜜

素晴らしい素材、津南、秋山郷の自然に感謝。

該当の記事は見つかりませんでした。