新潟やさい大学 〜夏の長岡野菜編〜

まちなかキャンパス長岡で全5回にわたって講師を努めた新潟やさい大学。



長岡野菜がテーマでした。
長岡の風土と文化をから長岡野菜の『文化財としての価値』と『優位性』を紐解く講座。






山古志かぐらなんばん
過去ブログ→長岡野菜。山古志かぐらなんばん - evergreen ~畑に行く新潟の野菜ソムリエ〜




長岡巾着なす
過去ブログ→長岡巾着なすの小林さん。 - evergreen ~畑に行く新潟の野菜ソムリエ〜







長岡野菜を風土と文化の見地から横断的に優位性を解説。
昨今、色々な野菜の講座がありますが、私のように風土と文化を絡めた野菜の講座は新しいと自負しております。






また、ただ単に一方的に話すだけでなく、毎回生徒の皆さんに長岡野菜の広め方についてワークショップを設けました。

長岡野菜に対する愛着の掘り起こし
→伝統野菜の長所、短所の理解
→価格との兼ね合いから、打破する方具体的な方法
→まとめとして一般消費者の意見陳情書の作成





当事者意識をいかに膨らませるか?がポイントでした。



講座を受けた生徒のアンケート一部

・長岡野菜に興味があったのでいろいろ情報、知識を教えて頂きとても良かったです。生産者の方 の野菜の作り方、こだわり等、楽しい話でした。土地、自然が作り出す、長岡野菜がますます気に なり、好きになりました!(40代女性)
・長岡野菜を再確認をする良い機会となった。(50代女性)
・小さい頃から食べてきた長岡野菜のことがくわしくわかってよかった。特にきんちゃくなすのことが とても貴重ななすだということで、これからも大事にしてもっといろいろな所で広めて(アピール)い きたいと思いました。(50代女性)
・身近にある野菜について勉強する機会は少ないので、非常に良かったと思います。野菜の特性 だけでなく、風土との関係性や由来など...伝統野菜に付随する事がたくさん聞けて大変勉強にな りました。(30代女性)




長岡という地元で長岡野菜と一緒に育ってきた長岡の方々に長岡野菜の講座をするというプレッシャーはかなりのものでしたが、満足度が高かったようで一安心。
新潟やさい大学を受講生の中から、長岡野菜を伝える方々が増えることを熱望しております。





セミナー、講演の依頼はこちら。>>メール
内容に関してはお気軽にお問い合わせ下さい。





一次産業プロデューサー 山岸拓真



該当の記事は見つかりませんでした。