農家と野菜ソムリエが伝える新潟の食文化

私がプロデュースした三条市大島の農産物直売所ふるふるに併設の“産直カフェotomo”

10593202_553246958109573_36633167549491907_n.jpg





10625118_556838894417046_2393168162253389555_n.jpg

一汁三菜の料理を主体に、ご飯をより美味しくするご飯のおともが主役となっております。



CIMG4252.jpg

白いご飯に、具沢山の味噌汁、ご自慢の漬物。派手さはなく、一見すると年寄り臭い印象がする料理です。
しかし、これこそが価値ある食事であると思います。素材の香りや、白いお米を際立たせるメリハリある味、自家製の香物の深みのある味。農家の家で当たり前に食べてるような一汁三菜の料理は、実は一般の家庭では手に入りそうではいらない、大変価値ある料理なのです。


10394501_556060967828172_4649408401382867220_n.jpg

また、otomoでは、新潟の専業米農家のコシヒカリが食べ比べできます。
コシヒカリ一本勝負。品種ではなく農家による味の違いを感じて欲しい。作り手である農家が評価され、消費者の声を身近に感じて欲しいという思いからです。


ぜひ、新潟の新米を食べ比べしながら農家料理のごはんのお供との相性をお楽しみ下さい。




産直カフェotomo 
住所:三条市大島4261−1
TEL:0256−46−0443

産直カフェotomoの最新情報はこちらより→https://www.facebook.com/gohannootomo?ref=hl






一次産業プロデューサー 山岸拓真

該当の記事は見つかりませんでした。