やさいのへや@岡村葡萄園が凄すぎた件

岡村葡萄園の岡村直道氏が凄すぎた件。
先日9/15は私がプロデュースしております農家レストランやさいのへやの開催日。
農家が自慢の生産物を自身の言葉で伝え、価値を理解しながら農家と食事を楽しんで頂くのがウリの一つ。



毎回テーマを設けているのだが、今回は葡萄がテーマ。というわけで、岡村葡萄園の岡村さんに今回はお越し頂いた。
岡村葡萄園の岡村さんは朝カフェでもお馴染みの新潟県西蒲区の若手葡萄農家。昨年の夏に初めて私はお会いしたのだが、農家レストランやさいのへやでは初登場。超繁忙期に無理を行ってきて頂きました。
そこで披露した岡村さんの語りが凄すぎた。
メモを片手に正座をしながら一個一個ゆっくりと話し始める。
風土を絡めながら素材の優位性、葡萄農家としての心構え…会場の空気が一変する。
話の引き込み方、ユーモアも素晴らしい。そして何と言っても岡村さん自身からにじみ出る誠実さが何ともいい具合にハーモニーとなる。
さらに極めつけは巨峰色の封筒。これには参った。


私は「今後の接点に繋がるよう紹介ツールは配った方がいいですよ」
くらいしか言わなかったのだが、この巨峰色の封筒の中に栽培のコダワリと小さなユーモアが詰め込まれていた。この巨峰色の封筒がいかにも岡村さんの誠実さにマッチしていて憎い演出。
え?またこいつは野菜ソムリエのくせに肝心の素材の味の感想は言わないでぐ~たら語るの?という疑問もあると思うが、今回は「伝える手法」という点に一番の衝撃を受けたのでご勘弁を(いや。勿論、ぶどう美味かったっす。岡村さんごちそうさまでした。)
今まで様々な農家にお会いし農家の語りを聞いてきたが、農産物の付加価値を高めるための手法として農家の言葉で魅力を伝えるという点があるとしたら新潟県では岡村さんの右にでる農家は中々いないんじゃないか?そう思わせる程の衝撃と感動だった。

一次産業プロデューサー 山岸拓真

該当の記事は見つかりませんでした。