スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソムリエランチ特別編

先日、月曜日限定の野菜ソムリエランチ特別編として、ディナーを提供致しました。




このディナー、私がお世話になっておりますツルハシブックス&カフェコポコポの一周年祭として開催。




3月とは思えない冷え込みと雪がパラパラ舞い落ちる中の満員御礼。

ありがとうございました。








料理は4品ご提供。

一品目





『山本ファームの白菜のとう菜と岩崎さんちの切り干し大根の松野尾サラダ』








白菜のとう菜は山本ファームの最高傑作ともいえる一品。
生でその甘さと心地よさを。

なぜ、切り干し大根?


それは、実は山本ファームと岩崎さんちの大根畑は隣どおしなのです。お隣で育った野菜が再び皿の上で共演。


そうなんです。
シーザードレッシングは雪をイメージしていたのですよ。実は。
雪のを割り、出てくる春野菜をイメージ。










2品目











『ホタルイカを野菜のくずでマリネ。アスパラ菜の“花”でつくったソース』








ホタルイカは野菜の切れ端や、皮などを徹底的に煮詰めて、焦げる寸前でストップ。それをミキサーで潰し、ビネガーで伸ばしたもの。


野菜の味が濃縮されています。





花でつくったソースは不思議ですねー。コクがでて、まるで卵黄が入ってるような味。
花に含まれる花成ホルモンが体を春へと呼び起こします。


このホタルイカを囲った、とう菜。
実は一品目の切り干し大根の戻し汁で味付けしたんだけど、皆さん気づいたかな?

干し野菜の戻し汁はアミノ酸がタップリなので有効活用。






3品目は

『ゴボウのカルボナーラ タリアテッレ直売所お冨さん店長オススメ卵』




すいません。写真を撮り忘れてしまいました。



卵はお世話になっております、お冨さん店長のオススメ!
たしかに仰るとおり、とても濃厚でしたね。

ついつい捨ててしまうゴボウの皮を塩味を効かせてチップスに。








4品目







『朝日豚のエチゴビール煮。旬野菜のロースト』




一個珍しい野菜が。
写真右上のコロンとした野菜は、つぼみ菜というもの。
最近直売所では子持ち高菜なんて呼ばれたりしておりますが、アブラナ科のからし菜の変種。茎が肥大するもの。
フレッシュザーサイに近いイメージです。








なぜ、わざわざ高いエチゴビールかって?






それはこのツルハシブックスの代表がエチゴビールの出身だからです。日頃の感謝をこめて。







一周年おめでとうございます!







最後に、サービスのゴボウ茶を提供し、私もテーブルに混じっての談笑。


談笑程度でとどめておかないと、そのままセミナーになっちゃいそうな勢いでした。







みなさんお忙しい中、ありがとうございました。









野菜ソムリエ やまぎし

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/102-d33920cc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。