新潟の夕方ニュースで野菜ソムリエの仕事を取り上げて頂きました。

『生産者の発信力を強化する』













農産物直売所を舞台に、こちらが全体のテーマとなっております。
放送でカットされていた補足を。









美味しい野菜をつくってらっしゃる生産者はたくさんいる。
こだわりをもってつくってらっしゃる生産者はたくさんいる。













しかし、その情報が消費者に届かず、埋もれていってしまう。

その情報が届くように、野菜ソムリエが生産者の発信力のお手伝いを。




そのためには、一つの野菜の情報を膨らます必要があり、その答えは畑にある。













農産物直売所が急速に広まり、大規模化した結果、生産と販売が分離してきている。

それでは直売所の本来の魅力は失われてしまうだろう。







農産物直売所は生産者の発表の舞台。







好きなものを販売してもいいし、自由に価格を決めていい。
こだわりをもって作った野菜への思いを、とことんぶちかましてもいい!








しかし、現状では、上手く商品をアピールできない生産者もたくさんいる。






そんな時、販売店は一人、一人の生産者と向き合い、コミュニケーションをとり、協力して、生産者の発表の舞台を演出する演出家にならなければいけない。








演出家のいない舞台では、どんな素晴らしい女優も能力を発揮できない。

どんなに、努力して、どんなに技術を磨いても、埋もれていってしまう。








農産物直売所は生産者と消費者が共存する舞台。





その舞台を成功させる演出家の一人が野菜ソムリエである。









野菜ソムリエ やまぎし













Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/107-eb7d9a68
該当の記事は見つかりませんでした。