新潟日報農産物直売所記事

新潟県の農産物直売所の現状について、5/26新潟県日報に掲載された記事です。



記事右側






記事左側















非常に客観的に新潟県の農産物直売所を捉えていて素晴らしい!





特に記事右側はプロ農家の販売店としての機能、左側はセミプロ農家のやりがいや、いきがいの場の直売所としての機能と、多角的に分析してる。



非常に残念だったのが、記者が疑問を投げかけた




『仕入ればっかりしたら、直売所としての魅力が失われてしまいますよ。淘汰は農産物直売所としての理想に向かった淘汰なのですか?』




という記者の問いに対して、記事上では全く明確な答えが返ってこなかったこと。



もしくはカットされたのかな?







そして、スーパー化=直売所としての機能の失墜を、競争が生産者を育てるという謎の論理のすり替え。








直売所がどんなに魚や肉を置こうが、どんなに調味料を置こうが、品揃えという面ではスーパーに勝てないし、そんな販売店が農産物直売所と言えるのか疑問に思う。










では、スーパーがインショップ農産物直売所を始めたら全く勝負にならないかというとそれは違うだろう。






農産物直売所にはスーパーにできない農産物直売所としての強みがある。

例え、どんなに野菜を充実させようと、





農家さんに会えますか?
農家さんに質問できますか?
店員にこだわりを聞いてかえってきますか?








どんなにスーパーがインショップ直売コーナーで野菜を充実させようが、農家感はだせないだろう。

それは、スーパーがいいとか悪いとかではなく、利便性を追求し、オペレーションを簡略化し、成功した業態だからだ。
そこにコストをかけないし、ましてや消費者が望んでいないだろう。










私は農産物直売所はスーパーと争うべきライバルではない。
本当のライバルは消費者だと思っている。






農産物直売所の魅力をいかに消費者に伝えるか?


スーパーでは得られない魅力をいかにだすか?






もし、スーパーをライバルの対象者として意識しているのであれば、それは自信の農産物直売所の農家を置き去りにしている証拠だと思う。









農家とコミュニケーションをしっかりとる。



そして、その農家感という強みを最大限に活かす。

けっして目の前にいる農家を置き去りにしないで欲しい。









野菜ソムリエ 山岸拓真

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/120-f1bf74be
該当の記事は見つかりませんでした。