長岡野菜の文化的価値

続、新潟素材紹介旅。村山シェフと野菜ソムリエ木村氏と共に。







長岡の駒村さんちに長岡野菜の見学に。










【長岡野菜とは…?】

信濃川がつくった肥沃な土壌や夏の高温多湿、豪雪などの気候風土の中で、愛され育てられてきた伝統野菜。長岡中央青果の鈴木会長が平成10年に長岡巾着ナスをきっかけに、探し出し、認定しブランド化した伝統野菜。

【認定基準】
1.古くからあって長岡でしかとれないもの
2. どこにでもあるけど長岡で作るとおいしいもの
3. 新しい野菜だけれど、長岡で独特な食べられ方をしているもの


現在13種類
長岡巾着ナス、梨ナス、糸うり、ずいき、ゆうごう、かぐらなんばん、肴豆、おもいのほか、だるまれんこん、里芋、体菜、長岡菜、白雪こかぶ














駒村さんちは殆どの長岡野菜を作られていらっしゃる長岡を代表する生産者。











かぐらなんばんにかぶりつく村山シェフ。









かぐらなんばんは、山古志で代々自家採種され続けてきた野菜。ゴツゴツした姿が神楽面を連想させることから。中の種を中心とした白い綿のようなものが辛い。













その辛味がある部分と、ない部分のほんのりとした甘みに村山シェフも驚き。











花も美しい。












長岡巾着ナス










田上町より長岡市中島地区に嫁いだ際に種が持ち込まれたとされる。長岡巾着ナスほど果肉がビッシリと詰まっているナスは全国的にはないと言われる。








こちらは梨ナス。










食べてみたら梨のように甘かったのと洋ナシのような形から。皮も実も柔らかく、浅漬けや生食にむいている。ほのかな甘みが特徴。






実は私は長岡野菜の中では梨ナスが一番のお気に入り。






畑でかぶりつく梨ナスの味は本当に素晴らしい。
野菜って本当は甘いんだ。って感じさせてくれる。













帰りに寄った、駒村さんちの直売所でふとみつけた写真。














数十年前の長岡市内の河川流域の写真。


そう。まさしく長岡巾着ナスの発祥の地を写したもの。





実は『長岡』という地名は河川の氾濫から守るために長いおかをつくったことからとも言われる。
この河川の氾濫により微生物が増え、肥えた土をつくったことが長岡野菜の美味しさの秘密でもある。







しかし、改めてこの写真をみると、畑と河川の距離に驚いた。








度重なる河川の氾濫との闘いの中で、種取りされ、在来種として次代に引き継がれたこの長岡野菜の文化的価値に気づいてる方はどの位いらっしゃるのだろうか?
敬意を払われてる方はどれほどいらっしゃるのだろうか?











伝統野菜としてブランド先行と言わざるおえない長岡野菜の現状。













伝える方、売る方、料理人、野菜ソムリエ…

この文化的価値を理解し、それぞれの立場の手法でしっかりと伝え、長岡野菜を広めて欲しい。












野菜ソムリエ 山岸拓真

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/125-b0b2f9cc
該当の記事は見つかりませんでした。