固定種とF1種

固定種やら、F1種、在来種、伝統野菜、自家採種。
これらについてしっかりまとめてみる。



野菜というのは種の種類によって大きく2つに別れる。




名称未設定4





一つはF1種、交配種と呼ばれるもの。
F1種とは、交配種 雑種第一代とも呼ばれ、異なる性質の種を人工的に掛け合わせてつくった雑種の一代目。
F2(F1種から採取した種)になると、多くの株にF1種と異なる性質が現れる。
生育が旺盛で特定の病気に大病性をつけやすく、大きさも風味も均一であり、大量生産、大量輸送、周年供給などを可能にしている。





名称未設定3





自家採種では同じ性質をもった種が採れない(種の生産や価格をメーカーにゆだねることになる)
また、F1種は種とりができないと言われたりもするが、F1種は種とりができないのではなくて、形質のばらつきが増えるために営利栽培にてきさない。これがF1種が自家採種できないといわれる理由の一つ。


現在市場流通している野菜の殆ど全てがF1種であり、農家は毎年種をとらず、種屋から買っている。







もう一つは固定種。
何世代にもわたり、絶えず選抜・淘汰され、遺伝的に安定した品種。ある地域の気候・風土に適応した伝統野菜、地方野菜(在来種)を固定化したもの。
生育時期や形、大きさなどがそろわないことがあるが、地域の食材として根付き、個性的で豊かな風味をもつ。その土地に根付いた品種で色や形の個性が強いのが特徴。

新潟県で言えば、豊栄のやきなす、長岡野菜の長岡巾着なす、梨ナス、かぐら南蛮、西蒲区の越後白なすなどが固定種になる。




CIMG2041.jpg

かぐら南蛮

fc2blog_2012081422034036f.jpg

越後白なす


fc2blog_201206301732253ed.jpg

やきなす


fc2blog_20120618202517335.jpg

長岡巾着なす


fc2blog_201206182025542b8.jpg


梨なす








ちなみに自家採種というものは農家が種取りをしてる野菜であり、在来種というものは定義的には江戸時代以降、日本に存在した植物である。
さらに伝統野菜というものは特に定義がなく、その団体が決めた基準によって決められる。
例えば、長岡野菜は以下の認定基準によって13種が認定されている。

1、 古くからあって長岡でしかとれないもの
2、 どこにでもあるけど長岡で作るとおいしいもの
3、 新しい野菜だけれど、長岡で独特な食べられ方をしているもの

かぐら南蛮や巾着なす、梨ナスは1。白雪こかぶは2。夕顔や糸うりなどは3となる。


つまり、固定種=在来種=伝統野菜ではない。
たとえば、夕顔はF1種であるが、長岡野菜という伝統野菜であったり、在来種であっても形質的に安定しない野菜は固定種ではない。F1種であっても自家採種10年ほどし、形質が固定されたものは固定種となる。








F1種と固定種の違いはこんな感じ。








こういう話になると固定種に関して絶対視する方が多いのだが、私はF1種を否定を一切しない。
それは、現在の食糧供給を支える上で、農家の収入の安定性を考える上でF1種の存在は不可欠であり、それこそ日本の高度経済成長期を支えた食料供給という面ではF1種の貢献は計り知れない。
F1種が支えた食料供給という文化もあるというわけです。





だが一方で、何代にも渡って、様々な方々、様々な土地でその土地の食文化と共に愛され、種が絶えることなく次代に引き継がれてきた固定種の存在は引き継がれていかなければいけない文化的価値が大きい野菜だと私は思う。


たとえるならば、古民家のようなものというとわかりやすい。
現在、古民家鑑定士なる資格があるという。
従来、固定資産税の面でしか評価されなかった古民家に対して文化的価値の面から評価、鑑定する資格。

固定種の野菜もこのような文化的価値の面から評価し、その土地にの食文化と共に次代に引き継がれ無くてはならない。






しかし、残念ながら、こういった伝統野菜をアピールする際、この文化的価値に重きをおいてPRすることは少ない。
相変わらず味覚的な価値に頼りすぎている。
『おいしいから食べましょう』
そもそも味っていうものは、好みに左右されやすく非常に不確かで絶対視できないものだと私は思うし、これだけ美味しいものに囲まれ続けてきたてきた今、消費者が選ぶ力があるとは思えない。
もちろん美味しいだろうが、価格差を超えてまで手を伸ばすには説得力が欠ける。




伝統野菜や固定種野菜の素晴らしさを伝える上で、抜きには語れないのが味以外の価値の側面。
伝統野菜は地域の食文化を中心とし、形成されてきた素晴らしい地域資源。






味だけではない種そのものの価値を理解し、伝える人材が増えなければいけない。





価値を伝え、愛着をもって買って頂く消費者が少しでも増える。
それがこの文化的価値をもつ素晴らしい野菜を残す一歩だと思う。






野菜ソムリエ 山岸拓真

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/152-0e3c38b5
該当の記事は見つかりませんでした。