越王おけさ柿収獲体験ツアー









越王おけさ柿って知っていますか?



昭和44年に角田山・山麓で柿団地の造成が行われ、現在では150haの園地を有する大産地となりました。新潟県内では、佐渡市に次いで第2位の生産量を誇ります。渋柿の代表的品種である平核無(ひらたねなし)と、平核無の枝変わりで早生種である刀根早生(とねわせ)の2品種が栽培されており、炭酸ガスを使用して短期間に脱渋したされたものが一般的に流通しています。果皮は鮮やかな橙黄色でつややか、扁平で特有の箱型をしており、脱渋後の糖度は14~16度、果肉は柔らかく緻密で甘いのが特徴です。角田山・山麓には古墳や遺跡があり、その昔、この地に「越の王」と呼ばれる統治者がいたことにちなみ、「越王おけさ柿」と命名されました。



おけさ柿という品種は明治の終わり頃に山形に持ち込まれた庄内柿と同じ品種であり、その原木は新潟県旧新津市にあり、もともとの原木が新潟にあったことから山形から取り寄せて、佐渡で栽培され始めたのが新潟県での栽培の始まりになります。



今回のツアーはこの越王おけさ柿の収獲体験ツアーと、温泉入浴、越王おけさ柿を使ったランチのセットになります。
また、ツアーには私が同行します。



野菜ソムリエと畑に行くことで、何気なく普段食べている柿に新しい発見があり、一個の野菜に対する価値観が変わりますよ。




ご予約、お問い合せはこちらまで。
いわむろや→ 0256−82−1066





野菜ソムリエ 山岸拓真

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/162-ef0671de
該当の記事は見つかりませんでした。