やさいめぐり~新潟の柿の収獲体験ツアー~

春の越後姫の収獲ツアーに続き、秋の収獲体験ツアーを開催。




テーマは越王おけさ柿。

昭和44年に角田山・山麓で柿団地の造成が行われ、現在では150haの園地を有する大産地となりました。新潟県内では、佐渡市に次いで第2位の生産量を誇ります。渋柿の代表的品種である平核無(ひらたねなし)と、平核無の枝変わりで早生種である刀根早生(とねわせ)の2品種が栽培されており、炭酸ガスを使用して短期間に脱渋したされたものが一般的に流通しています。果皮は鮮やかな橙黄色でつややか、扁平で特有の箱型をしており、脱渋後の糖度は14~16度、果肉は柔らかく緻密で甘いのが特徴です。角田山・山麓には古墳や遺跡があり、その昔、この地に「越の王」と呼ばれる統治者がいたことにちなみ、「越王おけさ柿」と命名されました。
おけさ柿という品種は明治の終わり頃に山形に持ち込まれた庄内柿と同じ品種であり、その原木は新潟県旧新津市にあり、もともとの原木が新潟にあったことから山形から取り寄せて、佐渡で栽培され始めたのが新潟県での栽培の始まりになります。


詳しくはこちら
柿の渋抜きのなぜ? - evergreen ~野菜を伝えない新潟の野菜ソムリエ~







先ずは、柿の野菜ソムリエセミナー







越王おけさ柿をテーマにお話させて頂きました。

今日は越王おけさ柿のルーツの話から、さるかに合戦、そして柿の栄養価の話。
柿一個に含まれる糖分はかなりの量。





圃場へ移動し、いよいよ収獲体験です。



絶好の天気に恵まれました。この角田の麓の圃場がいわゆる柿団地。






生産者の岸本さんから柿の栽培のお話を。





岸本さんから柿づくりのお話。








やはり栽培の難しさは年に一回しか“試せない”こと。
本や指導マニュアルを基に自分自身の感覚で試行錯誤しています。






もう収獲は終わりの時期ですが、今年は気温の高さもあり豊作。








高いところは脚立を使って。








みなさん思い思いに収獲を楽しんでいます。








たくさん穫れました。













これから岸本さんちへ移動し、収獲した柿をつかって干し柿つくりを体験。









このリフトをつかって二階の作業場へ。






岸本さんの奥様と娘さん。



インタビューしました。
干し柿と昔はどのようにたべていたのか?
面白いことですが、奥様は同じく柿のさんちに和歌山県からお嫁に。
料理のポイントもお聞きしました。







いよいよ、岸本さんの奥様指導のもと干し柿づくり。










一個一個手作業で剥いていきますが、出荷用はこの機械をつかって剥いていきます。







みなさん大変手際がよく沢山剥けました。







紐を専用のホチキスで打ち込んでいきます。











岸本さんちを後にし、岩室温泉内にあるレストラン“めいぷる”さんへ。
今日は岸本さんちの柿をつかった特別ランチを皆さんで楽しみます。









デザートのソースに。柿とレモンでつくったソース。









収獲体験を通じて、新潟の産地との、農家との近さを感じて欲しいです。






野菜ソムリエ 山岸拓真

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/170-885e1a38
該当の記事は見つかりませんでした。