スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津南の雪下にんじん

先日いよいよ納品された、津南産の雪下にんじん。




津南町は新潟県南部に位置し、長野県北部に接する。町内に河岸段丘が見られる。 国内有数の豪雪地帯であり、年間
累積降雪量・積雪量が非常に多い。全国名水百選に選ばれている、津南の生命の源、竜ヶ窪は津南町谷内の河岸段丘に
在る。池は細長く広さ1,2ha、いたる所から水が湧き出している。水温は7℃を保ち澄みきっており、湧水量は1日
4万3千トン、1日で池の水が入れ替わるという。竜ヶ窪の水は全国名水百選に選ばれている。



今年は近年稀に見る積雪。積雪は4Mをも超えたそうです。

豪雪下で冬を越し、甘みが増した『雪下にんじん』は人参臭さが全くなく、これはもはや柿!


津南、竜ヶ窪の水が生んだ素晴らしき素材に、自然の雪が仕上げる、甘み。

まさに新潟の自然が産む奇跡の素材。
                                      山岸 拓真

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/18-421a8a4f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。