『冬菜』は『ふゆな』と呼べ。

オータムポエムとアスパラ菜って一緒ですか?




直売所などでよく聞かれるこの疑問。この疑問に答える前に、先ず、菜の花とトウ菜といわれる野菜を整理してみる。
菜の花はアブラナ科の野菜の花蕾部分を指し、トウ菜は花が咲くまでの、いわゆるトウ立ちの部位を指しています。トウ菜とは部位名であり、品種名ではないのです。




菜の花をつける野菜はアブラナ科の野菜である。
もともと日本には在来種のアブラナ科の品種はアブラナ(学名:Brassica rapa var. nippo-oleifera)がありました。ここから明治の初期にセイヨウアブラナ(学名:Brassica napus)が導入されると、在来種のアブラナに置き換わり主力に。例えば、三重なばなや、のらぼう菜、川流れのような品種は全てこのセイヨウアブラナからの改良種である。

改良種とは別に、伝統野菜である野沢菜や小松菜、大崎菜は栽培開始時期を考えると在来種であるアブラナからの変異した野菜であり、その歴史は長く、例えば新潟の魚沼地域で栽培されている大崎菜は300年以上の歴史がある。これには驚き。もしかしたら新潟で一番歴史が古い固定種の野菜であるかもしれない。
ちらっと聞いた話ではあるが、大崎菜は未だに品種のバラ付きが多いらしい。土や環境の影響を受けやすく、栽培農家によって微妙に姿、形が異なる。
つまり、種の遺伝的変異の“ゆらぎ”が非常に大きい野菜であると言える。
大崎菜と並ぶ新潟のアブラナ科の伝統野菜である女池菜は、明治以降の野菜であるために在来種アブラナの血を継いでいるか微妙なとこではあるが、小松菜からの流れを汲んでいれば在来種であるアブラナからの変異であると思われる。


285277_424351997644961_1972536870_n.jpg

新潟市の女池菜




では近年出荷量が増え、新潟でも上越野菜に認定されているオータムポエムとはどういったものか?
オータムポエムはセイヨウアブラナの一種の中国野菜、紅菜苔と菜心を掛けあわせてつくった品種です。このオータムポエムと愛味菜という野菜を合わせてアスパラ菜といいます。
つまり、アスパラ菜群の中にオータムポエムという品種があるということです。
さらに、アスパラ菜はトウ立ちした部分を好んで食べる品種であることからアスパラ菜はトウ菜の一緒であると言える。


さて、新潟では『冬菜』と表記するアブラナ科のトウ立ちした菜っ葉が出荷されるが、これは品種名である。
ややこしくなるが、冬菜はトウ菜の一種であり、トウ菜=冬菜というわけではないのである。

さらに、トウ菜とパッケージに表記されてあった場合、様々な品種のトウ立ちした葉野菜が混在して売れれていることもある。

592.jpeg


事実、ある農家では野沢菜のトウ菜を出荷しているし、白菜のトウ菜を出荷している農家もいる。
では、品種名である冬菜とトウ菜を厳密に区別して出荷されているかというと、それは微妙なところ。
『冬菜』と表記されているのに、野沢菜のトウ菜をみかけることもある。
『冬菜』を『ふゆな』と呼んで頂けると、わかりやすいのだが。。




名称未設定



整理してみるとこんな感じ。








先日、日本農業新聞の方が東京から取材でいらっしゃった時に、新潟の直売所を案内しました。
その際、他県でのトウ菜の栽培について聞いてみたが、やはり菜の花のトウ部分まで好んで食べる習慣は新潟特有らしい。もっというと、雪国なのではないか?と思う。
過去ブログ→冬野菜が甘くなるわけ

野菜は光合成で作った糖分をショ糖に還元し、茎、すなわちトウ部分に転流させる。
以前、ブログでも話しましたし有名な話であるが、野菜は自身が凍らまいと糖分を高める。




雪を割り、春先にでてくるトウ部分には、ショ糖が多くあり甘みが強いことを雪国の農家は知っていた。
だからこそ、“トウ菜”を好んで食べる習慣があるのであろう。





一次産業プロデューサー 山岸拓真

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/189-0d1f336f
該当の記事は見つかりませんでした。