感動の野菜



ふらっと寄った越後西川あぐりの里。

そこで食べたこの越後姫。
甘みとか酸味とかを超えてイチゴの味が濃い味に、ただ感動。
『赤』の味が濃いと表現するのが一番相応しいと私は思う。


ずっと私の中で3年前に長岡で食べた越後姫の味が残っていました。
3年前に食べたのに未だにその味がしっかり思い出せる位の味。その越後姫を遥かに凌駕する味に只々感動。
感動のあまり騒いでいると、生産者がいらっしゃった。
あまり詳しく聞けなかったのだが、栽培の初期段階に分節し栽培期間を長くしているとこにコダワリがあるらしい。


越後姫は新潟の気候にあわせて、園芸研究センターが開発したものですが、イチゴが熟すのには一定温度以上の期間が650時間でイチゴが完成するそうです。
イチゴというと、栃木県のとちおとめが有名ですが、栃木の気候だと、平均気温が高いので、650時間に達するまでの時間が短いために、色は真っ赤ですが、食感が硬くなりやすいそうです。
越後姫は新潟の冬場の少ない照度、平均気温を利用し、ゆっくりと完熟に向かうために、大粒で柔らかく、平均糖度が13度の甘さをもったイチゴが生み出される。




おまけ。




越後姫のバルサミコドレッシング、サラダ。








越後あぐりの里では毎年イチゴ狩りをやっていらっしゃいます。
ぜひ。この感動の味を。
越後西川あぐりの里


私が食べた越後姫は一個百円の特大サイズ。朝一番で売り切れてしまうのか、3日後に10時に寄った時にはもうなかったなー。


一次産業プロデューサー 山岸拓真

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/194-e1af5d07
該当の記事は見つかりませんでした。