スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟市江南区の松田農園さん。

新潟市江南区の松田農園さんを見学させて頂きました。



噂には聞いておりましたが、広大で綺麗に管理されてる松田農園。
松田農園さんはサラダ菜や、ハーブ類を中心に栽培。見た目と食感を楽しめることを品種選びの基準にしている。
堆肥は籾殻ベース、有機の液肥で土耕栽培にこだわっている。
先日紹介した小泉さんのリーフレタスもそうでしたが、土耕栽培らしい葉の厚みがしっかり味わえるレタス。





サニーレタス。
松田農園さんはサラダ菜は外側から一枚づつ収穫し、サラダミックスとして業務用や飲食店を主体に出荷されております。
8種の葉野菜を1パックにするのが基本パックらしいのですが、そうは言ってもこの広さ。だいたい100枚づつ、系800枚を一日に収獲するとのこと。






松田農園を管理されてる松田俊行さんは農家のこせがれではあるが、工場勤務8年。
勤務する中で自社製品を作りたい。自分で製品を作りたいという想いが募り、農業の道に。
なるほど。確かに農業はモノづくりの要素が強いし、松田さんの話を聞いていてピンときた。






こちらはサラダバーネットというバラ科の野菜。私も初めて食べたのだが、キュウリのような風味と独特の苦味をもつ。この苦味はタンニンによるものだろう。試しにつくってみたそう。




小売店や飲食店向きに主に出荷をされている松田さん。
やはり現在の課題は一社の農家が生産する供給量と、需要のマッチングとのこと。
また、流通面や決済などの経費や手間も課題。

松田さんの凄いところは流通面や決済業務などに関して『ここからここまではできるが、ここからはできない』という点を明確にし、それを取引相手にしっかりと伝えていること。

特に飲食店との連携に関してはこの流通経費が課題だ。
松田さんのように、できるとことできないとこをしっかり伝えると、後で無理が起こらない。
継続性がなければ単なる馴れ合いと、その場限りの自己満足で終わってしまう。

ある飲食店経営者が仰っていたが『地産地消は安くない』という言葉。
私も先日飲食店との連携のセミナーで話したが(→農家と飲食店の連携4つのポイント
これが全てであり始まりであると思う。




Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/196-8780b9c1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。