川上農園越後姫の定植

越後姫 定植ちゅう
春、お世話になった川上農園にちょっとお邪魔してきました。
川上農園さんは長岡を代表する『越後姫』の生産者

20100204194854f28.jpg



越後姫は新潟の気候にあわせて、園芸研究センターが開発したものですが、イチゴが熟すのには一定温度以上の期間が650時間でイチゴが完成するそうです。

イチゴというと、栃木県のとちおとめが有名ですが、栃木の気候だと、平均気温が高いので、650時間に達するまでの時間が短いために、色は真っ赤ですが、食感が硬くなりやすいそうです。

越後姫は新潟の冬場の少ない照度、平均気温を利用し、ゆっくりと完熟に向かうために、大粒で柔らかく、平均糖度が13度の甘さをもったイチゴが生み出される。


CIMG0030.jpg




こちらは12月出荷、クリスマス用の越後姫。8月の後半に定植され順調そうです。





こちらは来年の1月出荷予定の越後姫を定植中
CIMG0031.jpg


川上農園さんは約8000株もの越後姫を今年は定植。
これから日長や、温度を調節しながら出荷予定に向け大切に育てられます。



今から1月の越後姫の一番果が楽しみです。

そのころには長岡は雪に覆われているのかな…?              野菜ソムリエ やまぎし

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/2-8d01934d
該当の記事は見つかりませんでした。