スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刈羽節成きゅうり①

柏崎の伝統野菜『刈羽節成きゅうり』を見学に。

iphone_20110918171135.jpg

刈羽節成きゅうり
柏崎の伝統野菜の代表格。
明治42年。与口虎三郎氏が刈羽節成きゅうりの採種を誕生させたのがきっかけ。特徴としては高温・長日期になっても節成性を失わず、収量も多かった。門外不出の種子を息子さんである重治氏が周囲を説得し、県に働きかけ世に出すこととなった。新潟県は戦前、愛知県と並んで採種機構が極めて確立していた県で数多くの公認の採種組合があったが、その第一号として明治43年に「刈羽節成採種組合」が結成された。この頃はきゅうりの種子が非常に貴重で米の25倍もの値段がついていた。
大正11年には組合員200人余り、採取量50石異以上となり朝鮮、樺太、満州、小笠原、北米まで出荷されていた。種採りの最盛期には橋場地区の中心を流れる鯖石川が金色に染まるほどだったというエピソードも。

CIMG4049.jpg

刈羽節成きゅうりの生産地、西中通地区を流れる鯖石川
当時はこの河口がきゅうりの種採りのゴミで黄金色に染まった。




黒イボ、ブルームありの刈羽節成きゅうりは華南系と華北系のいいとこ取りと言われている。
日本のキュウリは、有史以前に渡来した華南系と、明治以後に渡来した華北系に大きく分れ、それにロシア経由で北から入ったピクルス型キュウリとの雑種が入り交じって存在していたそうです。日本古来のキュウリであった華南系は、実の周囲のとげの先端が黒い黒イボ品種が多く、皮は硬く、苦味の出やすいキュウリ。苦味を消すため、付根部分を折ってこすりあわせるとか言った下処理はこのような昔からのキュウリの特性によってできたものと考えられます。

華南系はこの節成り性が強いものが多く、節成り性は日が長く高温になると衰えて雌花が付かなくなってしまうために夏までしかならない春キュウリと呼ばれ、弱点でした。そこで暑さに比較的に強く、高温長日になっても成り続けるように華南系と華北系をかけ合わせることで生まれたのが刈羽節成きゅうりと言われています。




この白い粉がブルーム。
キュウリが自身の水分を保持するために吹くロウ性の物質であり、自然の物質なので体に害は無い。
しかし、当時の農薬反対の風潮と結びつき、昭和60年代に、このブルーム(白い粉)が無いブルームレスキュウリが登場します。これはキュウリの新種でなく、台木カボチャの新種。キュウリが実を守るために出すロウ質の白い粉(ブルーム)を形成できません。実を守るブルームが出せなくなったキュウリは、皮を硬くして実を守ろうとします。皮を硬くするので、収量は減りましたが、皮が硬い分、日持ちするので流通向きであり、現在では市場経由の99%近くがこのブルームレスキュウリとなっております。
ブルームレスキュウリ、F1種の台頭、ハウス栽培の普及、減反…。
それらが重なり昭和40年代までは普通に食されていた刈羽節成きゅうりはいつの間にか姿を消しました。





その後、中越沖地震復興のプロジェクトとして柏崎野菜を探していた矢先の平成19年に農村地区アドバイザーが地区のコミュニティ活動に参加。西中通コミュニティセンターのおける劇上演にて刈羽節成きゅうりのエピソードを知ったのが刈羽節成きゅうり復活のキッカケになります。


IMG_0416.jpg

こちらがキッカケとなった『ふしなり座』劇中の復刻版の台本。
復刻版では刈羽節成きゅうりの話がメインに出てきます。





IMG_0417.jpg
IMG_0418.jpg


特に印象的な部分を抜粋。当時の方々の種採りの様子が表現されております。といっても、きゅうりの種採りと言っても種採りをしたことがない方々が殆どなので、紙粘土できゅうりの種採りの模型をつくり、伝えているらしい。


CIMG4029.jpg

確かにこれだとわかりやすいし、この模型をみると先述の『鯖石川が種採り後の川に流したきゅうりのゴミで黄金色に染まった』というエピソードがイメージできる。







伝統野菜の特産化への道は大きく分けて3つのパターンがあると思います。



①日常からのスタート型
常日頃から、地域の方々が日常的に食べていた食からのブランド化

②ブランド優先スタート型
日常的に食べられていたわけではないが、珍しいものであるから特産化を仕掛けたブランド化

③文化からのスタート型
食以外の地域文化からのスタート型


全てに長所と短所があり、伝統野菜を伝える上ではこのスタート時のパターンを理解して長所と短所を把握し、それぞれにあった戦略を展開することが大切だ。
刈羽節成きゅうりは③に当てはまり、新潟県の伝統野菜ではこのパターンのスタートは珍しいと言える。
現在、伝統野菜の継承において、最も有効な戦略は文化的価値を再発見することであると私は思う。
そういった意味では、この刈羽節成きゅうりは新潟県の伝統野菜の中でも最も伝統野菜らしい特性をもってると言える。




パート②に続く→刈羽節成きゅうり② - evergreen ~畑に行く新潟の野菜ソムリエ〜



一次産業プロデューサー 山岸拓真
















Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/217-75be096a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。