越路の小松菜

旧越路町のリバーサイド石津さん生産の小松菜




実は使わして頂く直前で、大雪によるハウス倒壊で、出荷停止に。



被害額は数百万円にも及ぶそうです…

 豪雪時の除雪の手順はほぼ共通していおりまして、パイプハウスは屋根に上ることができないので、まず雪を側面に落とす作業が必要になります。

葉物野菜などの栽培でハウスを加温していない場合は、家庭用のストーブを持ち込んで内部の温度を上げる。そして側面に滑り落ちてくる雪を、除雪機で吹き飛ばしていくという方法です。

しかし、今回の一晩であっという間に積もってしまうような集中降雪では、対策できないこともあるそうです。


無理をいって、倒壊したハウス内に残った小松菜を頂きました。


前日気温が氷点下3℃ということもあり、甘みが一層増した小松菜。




このような被害を受けながらも笑顔で応対して下さった生産者の佐藤さん、神保さん。

ありがとうございました。来年の出荷を楽しみにしています。
                                          野菜ソムリエ やまぎし

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/23-c4bf5b0d
該当の記事は見つかりませんでした。