野菜リテラシー

有機農産物について。
ここでみなさんよく勘違いされていることをお話すると



1、有機農産物と表示して販売することができるのは国のJAS認定を得られた農産物だけである。



2、JAS有機農産物=無農薬野菜ではない。






1に関してはみなさんスーパーの有機農産物コーナーでみかけたことがあると思います。
あのシール商品のみが正式に名乗ることができる有機農産物なのです。


一部の詳しい方には周知の事実だが、有機農産物とは官僚の方々がお創りになられた、とてーも分かりづらい法律によると



「化学的に合成された肥料及び農薬を避けることを基本として、播種または植付け前2年以上(多年生作物にあっては、最初の収穫前3年前)の間、堆肥等による土づくりを行ったほ場において生産された農産物』



一度聞いただけでは何を言ってるかわからない官僚言葉。
これがめちゃくちゃ大変。
提出する栽培記録の数が半端じゃない上に、隣の畑で農薬使っていたら飛散するのでムリ。
実際に断念した生産者も私は知っています。



さらに、ここからが官僚の方々の得意な言い回しになるのですが、
化学的に合成された農薬は禁止。化学的に合成されてなければよい。


つまり化学的に合成された農薬は使用できなくても、天然鉱石を原料とした農薬ならオッケーということなのである。

ここのところを理解していない人は非常に多い。


サイト参照
【有機表示のできる農薬】
http://www.greenjapan.co.jp/yuki_hyoji_noyak.htm





全く、このJAS認定有機農産物が何の安全性を示す基準になるのか不明だし、とにかく分かりづらい。


分かりづらいので有機野菜=安全という認識が強まるのである。
さらに、これを膨らましていくと、何が安全なのか本当にわけわからなくなる。


例えば、
有機肥料となる原料が家畜の糞尿であり、では、その家畜は抗生物質をつかっていないのか?

家畜は化学肥料の飼料を食べてないのか?

硝酸態窒素の問題は?

残留放射線量の生物的濃縮は?

そしてその将来的安全性は?


これらを全て売り場に情報開示するには現実的にムリがあるし、なによりも、消費者が望んでいない。



大事なことは『有機野菜』や『朝どり』『直送』などといった安易なフレーズに惑わされることなく、野菜を選択する。
それはレストランでも同じ。


オーガニック野菜だか、なんだか知らんが、どこの誰がつくったかもわからないような野菜のほうがよっぽど危険であるし、それを全面に押し出すようなレストランは、その程度の野菜偏差値しか持っていないということだろう。
本当に野菜偏差値の高い方なら、これらのフレーズはどれも積極的に使うのはためらうはずだ。



先日、ある週刊誌に福島産の放射線基準値超え野菜を買い占め、それを付き合いのある飲食店に横流している記事が掲載されたりもした。



『有機野菜』や『朝どり』『直送』などといった安易なフレーズに惑わされることなく野菜を選択することが大事。



情報化社会の発達により、ものすごいスピードで情報が蔓延。
近年、メディアに対するリテラシーが問題となっている。




野菜情報に対するリテラシーも求められている。




野菜ソムリエ やまぎし

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/33-1cc65fe2
該当の記事は見つかりませんでした。