古志の里ファーム

国産のラズベリーは非常に貴重です。

この貴重な国産のラズベリーが長岡市で生産されてるんです。





『古志の里ファーム』


    

こちらがラズベリー園
今年は例年よりも気温が上がらず生育が半月ばかりおくれていたそう。
気温は上がれば上がるほどよく、旬は7~8月だそうです。



こちらが果実。
果実は小さな球形の実の集合体で、一つ一つに種子が入っている。種はゴマ程度の大きさで、種ごと食べられるが、種は固くてやや口当たりが悪い。この集合果は木質の果床からまとまった状態で外れるため、球状の集合果の内側に果床の跡の空洞がある。



食べてみた印象は、柔らかくおもったよりも酸味がある。甘みは控えめ。
冷凍のラズベリーに慣れている日本人にはこの柔らかさは驚き。



生産者の恩田さん。

もともとハーブ類やラベンダーを生産されていたノウハウを元になかなか生産が難しいラズベリーやブラックベリーの生産をはじめたそうです。
確かに価格は高いが、その国産の貴重さ、安全さを求めてくださるお客様を大事にしたいとおっしゃておりました。




こちらはブラックベリー。
ラズベリーとは一ヶ月遅れで収穫できるようになります。



こちらが古志の里ファーム生産のジャム。



長岡の熱い夏に実る

恩田さんの情熱が詰まった真っ赤な果実。          
 野菜ソムリエ  山岸 拓真

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/46-6be8cf84
該当の記事は見つかりませんでした。