スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こまむら野菜がスーパーに並ぶまで

AM 6:00
今日はこまむらさんの野菜がスーパー原信様に出荷されるまでを収穫から、お手伝いしてきました。




今日は原信美沢店、古田島店長も一緒に収穫から、密着です。





毎朝5時頃からご家族総出で収穫作業が始まります。





こちらはトマトの収穫。古田島店長によると、やはりトマトは人気商品。
あっという間になくなってしまうそう。





AM 7:00
一通り今日の収穫を終えて、こまむら宅の作業場へ。




AM 8:00
収穫された野菜はこの作業場で一個一個手作業で梱包されていきます。
ここでもお手伝いさせて頂きましたが、いくら、鮮度がよく、美味しくても
とにかく美味しく見えるように一つ一つ綺麗に梱包しないと、売れません。





AM 8:30
梱包された野菜はここから原信宮内、美沢両店舗に出荷されます。
実は駒村さんの四郎丸の畑と、原信美沢店の距離はわずか2キロほど。
距離的時間も全くかからず、鮮度は抜群!






AM 9:00
こうして、駒村さんの野菜は、原信の地場野菜コーナーや、自宅の直売場で売られています。
古田島店長の話によると、地場野菜コーナーはとても人気であっという間になくなってしまうそうです。
なので、毎日商品が入れ替わるために、駒村さんの朝取り野菜が毎日手に入るわけですね。




今、あなたが手にしている採れたて野菜は、本当に採れたて野菜ですか?
栄養が損なわれることなく、安心・安全野菜ですか?


こまむら野菜は鮮度抜群!
しっかり、この目で見てきましたから。

収穫からわずか3時間で原信に陳列する地場野菜コーナーのこまむら野菜も鮮度間違いなし。
古田島店長も原信様直売コーナーで採れたてこまむら野菜の魅力をご紹介して下さるでしょう。



生産地をみて、生産者と話をする。

朝、カラスがハウスの中でトマトパーティーをしていた。
夕方のゲリラ豪雨の中、ビショビショになりながら収穫した。
ズッキーニが食いしん坊で、隣のキュウリ畑の栄養を横取りしている。


本にのっていない実体験が野菜の魅力を上げる。


リアルな臨場感をしっかり伝える。

そんな時、他県産よりも数十円高い地場野菜に素晴らしい価値が生まれるでしょう。      
野菜ソムリエ やまぎし

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/52-19aa793c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。