越後白なす

『越後白なす』という白いナスをご存知だろうか?

西蒲区の弥彦から岩室地域に持ち帰り、数十年もの間、自家採種され続けていた野菜だ。
ここ数年、『みどりとおひさまの会』と北越農事が中心となり西蒲区で特産化をすすめてる野菜だ。




ごらんの通り白い。
初めて見る方は必ずビックリされるインパクトの強い野菜だ。
私は面白い野菜をみつけるとTwitterやブログで紹介したり、消費者に説明したりするのだが、この『越後白なす』の反響は今まででも一番といっても過言ではないほどの反響だ。
他にはサボイキャベツ、バターナッツカボチャ、トマピー、このあたりが反響がよかった。

どうやら一般の消費者にとって反響のいい野菜というのは、

『馴染みのある野菜だが、ちょっと色や形が違う』

くらいのほうが反響がいいみたいだ。
例えば、茎レタスやセロリアック、パワーリーフのような全くみたことのないような変化球すぎる野菜は反応が悪い。




さて、肝心の味だが、特徴は



加熱するとトロリとする
アクや苦味が少ない



この2点が特に高い。
実はサイズにはバラツキがけっこうあり、これは固定種特有の個性というものだろう。
また、色が白いために一般のナスよりもキズが目立ちやすいが、これは全く気にする必要がない。
むしろ、私はキズがあり、クリーム色に近い白ナスをオススメしている。





というのは、真っ白の白なすはハウス栽培の可能性が高いためだ。
実際に生産者にお聞きした話をまとめると



味は間違いなく露地栽培のほうがよい。
今まで数十年間露地で栽培してきた。
流通量が増えると、キズがあるナスが嫌がられた。
大きな契約の話になると、規格も要求される。




とのこと。

つまり、生産者がずっと維持し続けてきた『越後白なす』の味が流通量が増えるとともに、味が変わりつつある。というよりも、変えることを要求させられる。




固定種、伝統野菜というものは生産量が少なく、規格のバラツキが大きい。しかし、味や色に個性があり、その土地に根付いた野菜である。
それらの野菜をスーパーで売られているF1種野菜にあてはめようとするのには無理がある。



消費者にはぜひ、この『越後白なす』の素晴らしい味を今後も維持し、次代に繋げられるよう、固定種としての特性を理解し、野菜を購入して頂きたいし、販売店、生産者もその情報をしっかりとアピールして欲しい。


それが一人の生産者がずっと大事に種を取り続けてきた野菜をブランド化する上での根底での決まりだと思う。



『越後白なす』はクリーム色を買うべし。


野菜ソムリエ やまぎし

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/55-ed681339
該当の記事は見つかりませんでした。