たでくうむしもすきずき

『タデ』

CIMG1797.jpg

水辺の近くに生え、至る所の水田で雑草としてみられる。
タデは、あまりに辛くて舌が「ただれる」が「たでる」と変化し、さらに「たで」となったといわれています。
「タデ食う虫も好き好き」といわれるほど、古くから香辛料として使われてきた。
とにかく強い刺激臭。
薬味、香辛料として利用。腰痛、利尿に良いといわれる。



旧川口町、『あぐりの里』で購入。
今年は春に気温が上がらず、例年より野菜の入荷が遅れていましたが、
昨年たくさんの珍しい野菜にお目にかかれた『あぐりの里』
久々に訪れたらかなり野菜が増えてきていました。

いよいよ『あぐりの里』本気モード!             

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irodorieye.blog69.fc2.com/tb.php/8-73757843
該当の記事は見つかりませんでした。